エアコン 取り外し

エアコン取り外しの正しい作業手順

自分で作業するには難しいと言われる、エアコンの取り外し。

 

確かに他の家電と違ってコンセントや配線を抜けばそれでOK!というものではありません。

 

自分で作業すると大切なプロセスを抜かしてしまったりして、事故の原因になることもあります。

 

ではエアコンの正しい取り外し作業はどのような手順で行われるのでしょうか。ざっと見てみましょう。

 

 

エアコンの取り外しにはまず、ポンプダウンと呼ばれる作業が必要になります。

 

これはエアコン内部と配管の間に残っているガスを室外機に送りだす作業です。

 

 

このガスはフロンガスなので適切なポンプダウン作業を行わないと環境汚染にもつながるので注意しましょう。

 

 

まずエアコンの強制冷房運転機能をオンにしてエアコンを運転させます。

 

5分程度してから二つある室外機のバルブの細い方を右側に強く閉めます。

 

細い方は室内気にガスを送るバルブです。

 

 

作業している間もエアコンは運転させたままにしておき、約2分後、今度は太いほうのバルブを同じようにして閉めます。

 

その後、エアコンの運転をリモコンで停止させます。

 

 

これでフロンガスが室外機内に閉じ込められました。

 

そのあと、エアコンの電源を抜き、室外機のバルブにキャップをし、配管や配線を外します。

 

 

エアコンをそのまま廃棄する場合は配線をカットしてしまってもかまいませんが、

 

感電する恐れがあるため、必ず電源コードが抜けていることを確認してから行うようにします。

 

 

最後にエアコン本体と室外機を取り外します。

 

エアコン本体はかなり重いのできちんと支えられる状態であることを確認しておかなければなりません。

 

 

このようにエアコンの取り外しはDIYの知識や経験、配線の知識や重いものを持ち上げる力が必要な作業です。

 

自分で作業する場合、すべて自己責任で行わなければなりません。

 

少しでも不安のあるかたは専門の業者に依頼したほうが賢明です。

 

 

そこでおすすめしたいのが、「エアコンサポートセンター」さんです!

 

確実なポンプダウン作業をしてもらえますし、なるべく追加工事のないように親切丁寧に対応してくれると

 

今評判が高く、実績があります。事前に見積もりができるので、自分でやってみようかなと思う前に

 

まずは無料の見積もりだけでもどうぞ♪